わたしが人生をかけてやろうとしているこの活動の

根底にある思いを書きました。

・・・と書くと重たいですが

深刻ではなく軽く真剣に進んでおります。

というか・・・

軽い足取りで進みたいと

いらない荷物を手放しつつ日々進んでいます♪

光る子ども 美喜子画

わたしは愛を表現するために生まれたって?

20歳ころ突然

「わたしは愛を表現するために生まれてきた」

ということばを受け取り

それは、どういう意味?

どうやって生きること?

と言う問いと共に今まできました。

それに対する

今現在のわたしの答えが

「愛」と同じ音を持ち

ご縁のある植物「藍」に手伝って進めている

この「あいラボ」の活動です。

その根っこにある

深い感覚をことばにしてみました。

わたしの宇宙観とも人生観とも言えます。

なぜ生きてるのか?

なんのために生まれてきたのか?

というところに繋がります。

わたし達はビッグバンの願いそのままのエネルギー体

ビッグバン以前の宇宙は

科学でもまだ証明されておらず

宇宙物理学者の共通認識もありません。

ですが古い経典などには

無であったとか

全てであったと言われています。

物理学者もそう言っている人たちもいます。

そこになぜかゆらぎが起こり

ビッグバンが起こったとされていますよね。

たった1つで時間も空間もない全てだった宇宙で

ビッグバンが起こったのは

わたしの解釈で人間的なことばにすれば

味わいたい・体験したいということ。

それは自らを・・・

ほんとうは

ことばにできるものでは、ありません。

なぜならことばが生まれる以前の話だから。

人間の脳みそで理解することはできないものですが

誰もが常に「それ」とともに在ります。

というか「それ」のカケラです。

「それ」は拡大し続けるエネルギーであり

その流れとともにわたし達はあります。

ある人は数式で表そうとするし

ある人は絵画や音楽で表そうとします。

その流れによって植物は生長するし

人は愛し合います。

わたし達は「ビッグバンの願い」の延長上にあり

そこから逃れることは、ありえません。

ビッグバンの願いをキャッチするのは

個々のあなたの身体。

そこでしかキャッチできないのです。

だから、あなたが大切に感じるもの

思考ではなく、身体感覚として感じられるものを

大切に生きてください。

あなたの身体はビッグバンの願いを受け取るアンテナです。

あなたのハートのあたりが心地よいこと

あたたかくなること

楽しくなること

それを体感したくて

あなたという人間の体験をしているのです。

だから枠を取り去って

身体の声に耳を澄まして

それを大切にしてください。

ハートが願う

やりたいことをやってください。

やりたいことをやったら

トンデモナイことになる?

そんなことはありません。

あなたの中のほんとうのほんとうに大切なことをしようとする時

誰もが 愛の方向に流れていきます。

愛じゃない方向に流れているとしたら

ほんとうに大切なことは

その奥に隠れているだけ。

願いが抑圧され歪んでいるだけ。

本来人は愛の方向にしかいかないのです。

だって愛(=宇宙)でできているから

ただ見せかけは、そうじゃないように見えたりします。

ビッグバンの願いは

自らを味わうことだから

自らを味わっている時は心地よく感じます。

壮大さや

あたたかさ

やさしさ

繋がり1つである感覚

そういう心地よい感覚が

宇宙の性質。

それを味わいに来たんです。

植物はいつも自然=宇宙の流れとともにある

わたし達は、この地球の視点で観たら

愛から離れることができますが

いつだって愛の方向を示しているのが植物です。

植物は常に

愛のエネルギー

=いのちの流れ

=宇宙・自然の法則によって

生長し花開きます。

だから

美しい自然=植物と仲良くなると

より愛を感じられる状態になります。

本来の自分を思い出すことができます。

種は宇宙の深淵さを教えてくれます。

花は喜びや軽やかさを与えてくれます。

大きな木は

内側に宇宙のことばを

たくさん蓄えていて

わたし達に大きな安心感を与えてくれます。

森は 見えない手で

わたし達をやさしく撫でてくれる場所です。

抑圧された「愛」を開放してくれます。

怖れによってこんがらがった思考が

解きほぐされて

「あぁ本来のわたしに戻った」

って感じさせてくれます。

自然の中でことばを手放して

感じる時間を持ちましょう。

わたし達の本質は1つで

つながり循環している存在だって

感じることができるでしょう!

それは とても幸せな豊かな感覚です。

そうして日常の中で

やさしく温かな循環を増やしていきたい。

見知らぬ人に親切にされたとか

大切な人と手をつないだ時の振動とか

小さな子どもの体温を感じたとか

小さなことでいいから

そういうことを増やしていきたい。

そんなことがたくさんある街に住みたい。



【ひとつの深い記憶の物語  mikiko的宇宙観】

リーディングマスター養成講座のためのテキスト(2019年2月)より

時間も空間もなく わたしたちは たった1つでした。(=ここでは【愛】と言っています)

1つという概念さえない ひとつでした。 ※ 言葉以前のことなので言葉で現すのは不可能

そこに何らかの発露 ゆらぎ が生じ、拡がりました。

これがビッグバン(またはインフレーション)と言われているものです。

何らかの発露とは、ことばで言えば**「味わいたい」「拡がりたい」**ということ。

  • 毎日春のようで、春しか知らなければ、春の暖かさ、優しさを味わうことはできません。
  • 透明な水が入ったコップに、透明な水滴を落としても、その水滴は区別がつきません。
  • 太陽の光の下で、懐中電灯の光を灯しても見えません。
  • 音があるから、静けさが味わえます。
  • 時間があるから、体験を味わうことができます。

味わうためには、自分以外の性質を創造することが必要です。

味わい続けるには、拡がり変化し続けていることが必要です。

それが、たったひとつであったわたしたち【愛】が、自分を分散させ、拡げ、愛ではないように感じられるもの(闇であったりエゴであったり個、孤独などなど)を創造した理由です。

光と闇、男性と女性、全体と個、太陽と月、陰陽☯はそのわかりやすい現れです。

元々の【愛】を味わえるように、愛し合えるように、別々の個(人や動物などなど)を創造しました。

こうして元々ひとつだったわたしたちは、自分自身を味わいたいという発露のもと、時間と空間、人間(物質)を創造しました。

だから 成長したい、探求したい(拡がりたい)という宇宙の願いが全ての人の根底にあります。

物理学者が宇宙は膨張し続けていると言われることにも通じます。

個人個人が「今ここ」の最先端で、自分自身の意識深くを感じながら、これまでにない体験をし、新しい意識状態になると宇宙全体も拡がっていきます。

誰もが「愛されたい」「愛したい」と願うのは、そんな宇宙の願い(法則)の現れです。

1番好きな香りの花  佐渡島のハマナスの花

「愛されたい・愛したいなんて感じてない」と表面的に思っている場合も

蓋をして、それを感じるのを邪魔しているだけです。

【愛】の性質は、幸せ、喜び、豊かさです。 わたし達が自然と心地よくなるものです。

ですから、幸せになりたい、楽しいこと・喜びが好きなど、表現の違いはありますが

【愛】を味わいたいというのは、宇宙の願い=真実のわたしたちの願いです。

元々たったひとつのわたしたちは、深い真実で言えば、たった今もひとつであり、時間も空間もない者【愛】の最先端の現れと言えるのです。

人間で居るということは、個の意識がありながら、全体性を味わうこと。

全体であるという意識から離れず、それを感じて生きること(目覚めること)です。

そうしたくて

この人間の体験をしているのです。



N子

・・・・・・・

地面と離れていて

コンポストや、ガーデンと何の関係もあらへんやないの?

美喜子

いえいえ、めっちゃ密接に結びついているんだけれどね〜。

この根っこがないと活動もできない。

まぁ 伝わりづらいことは、わかってる。

だから愛を伝える時に

形のある「藍」さんに活躍してもらいたいと思っているわけです。

また 必要なら話します〜♪

何にしても サイトの奥のこの投稿をここまで読んでくださったあなた。。。

なんて奇特な。。。(T_T) ありがとうございます💓