クラファンのご支援への感謝

2021年6月クラウドファンディングの
感謝と結果のご報告

クラウドファンディングで
延べ90名の方々にご支援頂いた

【東京の真ん中で『あい』ある暮らしをしたい】
表参道にコミュニティガーデンを創るためのプロジェクト。

みなさまのご支援のおかげで
2021年8月〜実験をスタートすることができました。

このサイトは
クラファン後にも、応援してくださる方に活動を報告していくため
そして活動の主旨を広め、共に活動していく人たちに集まって頂けるよう作りました。
QAのような場所としても使っていきます。

初めてのクラウドファンディングを振り返って

始まりは準備不足。
自分の誕生日に始めることを優先させたために
かなり準備不足なままのクラファンスタートでした。

クラファン中、毎晩やっていたライブ配信も
リアルタイムでは誰も観ていないこともありました。

それでも続けているうちに
3週間過ぎた頃に応援グループができ、
クラファンページをわかりやすく書き換えてくださったり、
ライブ配信を共にしてくださったり
思いがけない助けを頂き
ラスト1週間は感謝でよく泣けていました。
  
リターンにご参加くださった方も
1度しかお逢いしてない方や
お名前も知らなかった方など
思いがけない支援を頂きました。

長年の知人、友人からの
あたたかな支援にも
ほんとうに感謝しています。


クラウドファンデイングは
「お金を受け取るだけでなく多くのものを受け取るよ」
と言われていましたが
ほんとうにその通りでした。


思いがけない有形無形のギフトを受け取り
わたしの中の受け取ることに対する
ブロックのようなものが溶けていくような
感覚がありました。

 
1人で始めたセオリーから外れた
準備不足のクラファンに
90人もの支援の方々ができ
手探りで歩いているところに
見返りを求めず応援してくださる方の
グループができたことに感動しています。

わたしとしては大満足で
やってよかったと心から感じています。
たくさんの愛、やさしさを受け取りました。

プロジェクトの本番はこれから
今後も繋がり、応援して頂けたらうれしいです♪

感謝をこめて

美喜子


 
***

追記

8月28日

ほとんどのリターンの送付や実施が終わりました。
(生葉染めワークショップは9月か10月になります)


1番のリターンは
コミュニティガーデンが現実化していくこと
そこにわたしが向かっていることだと思っています。
活動の細かい内容はTwitterに投稿しています。

追記2

11月2日

最後のリターン 藍の生葉染ワークショップ実施。
全員のスケジュールが合わず、遅くなりましたが11月の生葉でも染色でき、ご支援のみなさまも喜んで頂きました。
これで、全てのリターンの実施が終了したことをご報告します。

11月8日に屋上ガーデンキックオフミーティング
11月16日 表参道「あい」と「堆肥」でつながるプロジェクト第1回ミーティング
など、動き始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA