2021年8月〜2022年3月までの実験です!

初めての方へのページへ

『あい』で繋がる地域・コミュニケーションを増やしていくための活動です

クラウドファンディングで
延べ90名の方々にご支援頂いた

【東京の真ん中で『あい』ある暮らしをしたい】
表参道コミュニティガーデンを実現するためのプロジェクト。

おかげさまで
2021年8月〜実験をスタートすることができます。

みなさまのおかげで

受け取ることに対するブロックが溶かされたと感じています。

目に見えるギフト

見えないギフト

その両方を頂き心から感謝しています。

ありがとうございました。

シードバンクで頂いた朝顔の種 毎朝 花を咲かせてくれます

4月のSeedBankで頂いた種 毎朝 花を咲かせてくれます

表参道コミュニティガーデンプロジェクトの3つの特徴

① 都市のコンポスターでできた堆肥を半径2kmの地域で循環させることにこだわる

② 【藍】を「温かさで繫がる」=「愛」の象徴として使う

③ 表参道でのモデル作りにチャレンジし発信する
(ただし生ゴミコンポスト堆肥を持参したり、屋上菜園をするメンバーは地域外からも募る)

来年の3月まで、どんな形で進めていけば
持続していける活動として成り立つのか?
または、考えていることでは成り立たないのか?

元気にトライアル・アンド・エラーしていきます!

実現していくための実験内容

  • みんなのコンポスターをつくる(生ゴミ用&落ち葉用)
  • 屋上菜園で藍や野菜を育てる
  • 表参道(半径2km)で生ゴミ→堆肥→利用する(食べる・染めるetc)→生ゴミの
    都市での循環モデル作りにチャレンジ!
    ※ 広い場所が確保できない代わりに、地域の店舗や家庭と繋がっていく。
  • 生ゴミ堆肥を用い育てた【藍】を使いワークショップ(染色・料理・石鹸作りetc)
  • コンポストに限らず「繋がり循環している地球・存在」を意識した暮らしのための情報発信や活動をする。

よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA